【節税対策に最適】ふるさと納税で家具を貰おう

家電

地方自治体への寄付

風景

節税にもなる理由

ふるさと納税とは、納めるべき税金を特定の地方自治体に選んで支払える制度です。仕組みとしては、先に特定の地方自治体に対してふるさと納税による寄付を行ないます。そして、その証明書を受け取り、その証明書は、確定申告またはその寄付先の地方自治体が処理することで還付や控除を受けられるというものです。この寄付をすることで、地方自治体から返礼品が送られてくるわけですが、その返礼品は地方自治体によって異なり、また価値も変わってきます。このためお得な地方自治体では、還元率が50%を超えるところも多くあります。ふるさと納税を行う理由としては、単純にその地方自治体を応援したいといった場合と返礼品を目当てに行うといった場合などがあります。ふるさと納税の返礼品はその地方自治体の縁のあるものや特産品ですが、その中には家電を扱っているところもあります。しかし、地域によっても家電の内容が異なる場合があるため、もらえるものを確認しておきましょう。もちろん、欲しい家電をふるさと納税で購入すれば、支払うべき税金から代金が支払われる形になるので、間接的に家電をふるさと納税で手に入れた時点でも節税になります。一方で家電で人気があるのが1万円から5万円前後のものです。ふるさと納税の原則は確定した税金の一部が対象ですので、5万円を超えるような家電となるとふるさと納税で支払い切れないためで、それらを考慮して返礼品を選ぶ必要があります。