【節税対策に最適】ふるさと納税で家具を貰おう

風景
家電

制度見直しの影響

総務省からの通知により、ふるさと納税で返礼の品として受け取れる家電は縮小される傾向にある。家電を入手するためには早めに寄附を行っておくことが推奨される。高額の寄附金額が必要な場合が多いので、予め税額控除の上限を確認しておく必要がある。

男性

ここが狙い目

導入以来、ますます注目されているふるさと納税ですが、その中でも家電は人気の返礼品の一つです。数ある家電の中から品物情報や寄付額等を知りたいなら、ふるさと納税の家電を扱うサイトを見ると良いでしょう。納税方法や仕組みなども掲載しているので、とても参考になります。

節税してお得に返礼品を

女性

ふるさと納税とは、自治体に寄付を行うことです。ふるさと納税というネーミングですが、自分の故郷や住んでいる町に限定する必要はなく、全国どこの自治体でも基本的に寄付できます。一定額以上を寄付することで、各地の特産品などが送られてくる上住民税など各種の税金が控除されるようになっています。サラリーマンには非常に旨味がある制度であるため、近年注目が集まっています。ふるさと納税は各地の特産品などが多いのですが、中には家電や旅行チケットなどのユニークな返礼品も存在します。特に家電はコストパフォーマンスがよいため大人気で、非常に早くなくなってしまいます。ただ、今後は家電を返礼品から外す自治体も増えると予想されているため、選びたいのならば急がなければなりません。ふるさと納税の納税先を決めるときのポイントはいくつかあります。返礼品の内容、自治体の種類などが主なものです。家電目当てという場合は返礼品の内容で選ぶということになるでしょう。寄付であっても、送る理由は何でもよいので、全く問題ありません。家電で選ぶのならば、ほしいものから探すのが基本ですが、上限額を超えないように注意しましょう。年収によって上限額が設定されており、家電は高額である分選べる人は少ないのです。まずは上限額を確認してから寄付しましょう。あるいは、応援したい自治体を選んで寄付するという考え方もあります。ふるさと納税の本来的利用方法であり、理念にもかないます。自治体を選んでから返礼品を探すと良いでしょう。

風景

地方自治体への寄付

ふるさと納税は、納めるべき税金の一部を指定する地方自治体に納めるというものです。仕組みとしては地方自治体に寄付をするというプロセスを経る必要がありますが、ふるさと納税を案内するサイトもあり簡単に行えるようになっています。また返礼品も食品のほか家電などがあります。